【未来ページング】ってなぁに???

こんにちは!としぽんです(^^)♪

おかげ様で、ただいまランキング上昇中!
まずは、『応援ポチ』をお願いします!

今日は、NLP(ニューロ言語プログラミング)において、よく行われるワーク【未来ページング】について、お話いたします♡

【未来ページング】とは?

【未来ページング】とは、未来をイメージすること。
未来をリアルにイメージして、イメージしたことが、実際にどう役立つのかを確認する為に行うものです。

イメージする時、特に、視覚、聴感覚、体感覚に意識を向けることがポイントになります。

「ここから近い未来をイメージしてください。
あなたは、今、このワークを体験し、このリソースを持って、その場にいます。
近い未来では、今、手にしたリソースがどう役立つでしょうか?
未来にいる自分を見たり、感じたりしてください。
今、どんな場面にいるでしょうか?」

「何が見えますか?
他に人はいるでしょうか?」

「何が聞こえるでしょうか?
どんな音が聞こえますか?
誰かの声は聞こえますか?」

「身体感覚として何かを感じますか?」

イメージしたことを感覚表現も盛り込んでアウトプットする。
これを繰り返すことは、目標達成に役立つリソースになります。

リラックスして入り込むことがコツです。
あたかも、本当に未来にいるように。
そのことに臨場感を持って創造し、アウトプットするのです。

脳内で想像力を増すほどに、リアリティが強くなります。

※リソースとは・・・目標達成に必要なスキルや物のこと

想い描いた未来を引き寄せる

【未来ページング】のワークにおいて、『こんなことして本当に実現するの?』と疑ってしまっては、とてももったいないことになります。
『実現するの?』という疑いは、『実現しないでしょ』という想いになり、結果、実現しない現実を引き寄せてしまうからです。
リアリティを感じる。妄想で終わらせない。
強い意識でイメージをして、現実に起きることを確信してください。

そして、その後に実行します。
例えば、『旅行に行きたい』『家を買いたい』となれば、実際の費用を確認しましょう。
あたかも、目標が現実になることを想定して自らが動くことでベクトルが実現へと方向転換します。

想像力が及ぼす影響

想像力とビジュアルを強烈に描ける力はビジネスでも役立ちます。
人を動かす能力にも繋がるのです。

コミュニケーションする相手の脳内に、こちらを意図するイメージを描かせることができる能力は強力です。

イメージ力が高くなるほど、加速学習能力があがります。

目標達成している自分を何度も描き、臨場感をもってイメージし続けることでセルフイメージが高くなります。

目標達成してしない原因の多くが、セルイメージが低いことなのです。
予行練習やイメージシュミレーションで失敗していることがわかっていれば、計画を練り直したり、準備をし直したりできます。

このフィードバックループがあれば、目標達成できる計画が立てられます。
目標達成に必要なリソースがわかります。

【未来ペーシング】の経験を積むほど、目標達成の確率がどんどん高くなるということです。

まとめ

【未来ページング】は、加速学習にでてくる能力UPのトレーニングとしてのイメージストリーミングと同じです。
なので、繰り返すごとに、目標達成の現実を目指せるのです!

【未来ペーシング】の経験を重ねることができるという観点からも、NLP(ニューロ言語プログラム)を学ぶことはお勧めです♡

一緒にNLP(ニューロ言語プログラム)を学びませんか?

毎日笑顔を大切に♡
happy life構築中のとしぽんです(^^♪
楽しくスキルアップしながら、様々な情報をお届けしています(^^)