三人称のラポール

こんにちわ!
年金世代真っ只中のあられです。

今回は「三人称のラポール」について
お話させていただきますね。

「ラポール」の基本はなに


私はニューロ言語プログラミングを知るまでは
「ラポール」といことばさえ知りませんでした。
歌の題名のような素敵な響きですが、
じつは、とても深い意味のある言葉でした。

普通は人と人の2者間に時に使う言葉で
「とけ橋」とか「信頼」という意味です。

信頼関係と解釈する場合と
呼吸や動作を合わせる無意識レベルの同調と
解釈する場合があります。

今日は「信頼関係」と解釈したお話をしますね。

二人称のラポールとは

多くの場合「ラポール」は人と人、
二人以上の時をいいます。
ラポールは相手を信頼し、信頼してもらうことです。

つまり、「信じること」

これは心理的なものですが
成功者や億万長者の方は言葉は違っても
必ずや実践していると思います。

自分も心を開き、
相手にも心を開いてもらう。

これはアフィリエイトを勉強するものだげじゃなく
いろいろな仕事に通じることでしょう。

一緒に学ぶ仲間を信じる。
学ぶ教材を信じる。

「よし、信じてやってみようかっ!
それが「ラポール」です。

もちろん、そこが出発点です。
それから、「ラポール」をもっと身につけましょう。

三人称のラポールとは


これは根拠のない持論ですが(笑)
読んでいただけると嬉しいです。

ラポールは信頼することでしたよね。

では、「自分を信頼する自分」を
もう一人参加させてみましょう。

あなたと私ともう一人の私。

自分がもし、夢があって、
叶えたい希望があって、
突き進みたい自分がいる、とします。

その自分を信頼し、信じてあげること!

ラポールです!

あなたは仲間を信頼し、
もう一人のあなたを信頼し、

三人称のラポールを築く・・・

素敵なことだと思いませんか?

「なりたい自分を信じてあげること」
それには
「大切な仲間を信じること」

それは、
相手の成功も称賛んし
共に称賛される自分を創る

「WINWIN」に繋がります。

それでは次回は「WINWIN」について
お話しましょうネ!

携わったみんなが幸せでありますように!

◆◆◆◆◆無料プレゼント!

お時間がありましたらこちらもご覧くださいね。↓

http://kasokugakusyu.site/

年金世代真っ只中のあられです。

好奇心が旺盛で楽しいことが大好きです。

生涯ず~っと『学生』でいたいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あられさん トンチーです。オーディオ学習で、ラポールを学びなさい。

    良く聴くフレーズです。わたしも成功の近道が、ラポールと言われても

    何の事がよくわかりませんでした。相手とのラポール以外に自分とのラポール

    大切ですね。分かっているけど、自分との約束がおろそかになります。

    今日は、気分がのらないから、いいか、疲れたからいいかと自分に言い訳して

    前に踏み出せない自分がいます。成功する為に何度も何をしたいのか?どうなりたい

    のか自分に問いかける事が大事ですね。寄り道したら、軌道修正しながら、一歩一歩

    確実に幸せな未来に向っていこうと思いました。

    • あられ より:

      トンチーさん、コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
      私達は多かれ少なかれ自分に優しく(笑)怠けることも時々顔をがだし
      収集が付かなくなる場合がありますよね。
      でも、そんなとき「自分には目標があるんだ!」
      「自分は頑張れるんだ!」って自分自分を信じてあげるって、とても
      想像もできないくらいの原動力になると信じています。
      仕事に生きることに、自分を信じていきましょう!